文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
検索
       

ワーケーション

コンセプト

 

 

 

 

 

愛媛流ワーケーションとは?

 

 

 

愛媛県では、職場のチームでお越しいただき、地元関係者との交流を通じて、地域課題の解決策を共に考える企業合宿型人材育成ワーケーションをご案内しています。

 

ワーケーションとは、「ワーク(働く)」と「バケーション(余暇)」が組み合わさった造語ですが、
愛媛流ワーケーションは、5つの「ation」により社員の皆様、一人ひとりの力をそれまで以上に引き出すことが可能だと考えています。

 

 

 

 

  • 「モチベーション(刺激)」「エデュケーション(学び)」による人材育成
  • 「クリエーション(創造)」「コミュニケーション(交流)」による組織強化
  • 企業と地域が向き合うことによる「イノベーション(成長)」

 

 

ぜひ新たな事業展開や人材育成の手段として、ご活用を検討ください。

 

 

 

「愛媛」を選ぶ理由

 

 


 

 

 

 

 

地域課題は生きた教材、そして「ビジネスの種」となる

 

 

空き家対策や地域交通の維持など、山積している地域課題の一つを取り上げ、キーパーソンとの交流や視察から得た経験をもとに、行政や地元関係者に解決策を提案することで、社員の課題解決能力の向上や次世代をリードする人材の育成、さらには、御社の強みを活かしたビジネス創出につながることが期待できます。

 

 

 


 

 

 

 

 

新規プロジェクトが発足し、最初にやることは「チームビルディング」

 

 

非日常空間に集い、一つの体験を共有することで、コミュニケーションが生まれ、チームビルディングにつながります。
世界が認めた“しまなみ海道”でのサイクリングや “滑床渓谷”での日本屈指のキャニオニングにより、メンバーの絆は一層深まり、新規プロジェクトを前進させます。

 

 

 


 

 

 

 

 

えひめ人とつながる「オーダーメイド」のプラン

 

 

御社のニーズに合わせて、愛媛県と関係先が一体となり、オリジナルワーケーションプランをご提案し、きめ細かくサポートします。
地元を大切にするえひめ人との出会いをマッチング。
継続した関係性の構築から得られる効果は無限大です。

 

 

 


 

 

 

モデルコース(愛媛流ワーケーション3選)

 

 

 

 

 

 

 

愛媛流ワーケーションのパンフレットはこちらからダウンロードください。

 

\愛媛流ワーケーションを紹介/

愛媛流ワーケーションパンフレット

\地域課題例を紹介/

「四国の西海岸」ワーケーションパンフレット

 

 

 

 


 

 

事例紹介

 

 

PR動画「愛媛流ワーケーション―地方と都市圏を結ぶ新たな働き方―」

 

 

 

参加企業レポート

 

"
\愛媛流ワーケーションの参加企業に密着/
地域とともに成長を目指す<愛媛流ワーケーション>とは!?

 

 

 

 


 

 

 

市町紹介

 

 

<南予地域> 宇和島市 八幡浜市 大洲市
西予市 内子町 伊方町
松野町 鬼北町 愛南町
<中予地域> 東温市
<東予地域> 今治市

 

 

 

 

宇和島市-Uwajima City-
 

愛媛県の南西部にあり、愛媛県南予地方の中心都市です。 宇和海と鬼ヶ城山系に囲まれた城下町で、多種多様な柑橘類をはじめ、日本有数の生産量を誇る真珠、養殖のタイやブリなど、全国トップクラスの食資源を誇っています。 「鯛めし」や「 じゃこ 天」などの絶品グルメや重要文化的景観に指定された「遊子水荷浦の段々畑」、現存 12 天守のひとつに数えられる「宇和島城」などの観光資源も多い、魅力あふれる地方都市です。自然だけでなく、大きな病院や大型小売店にコンビニなども充実しており、県都・松山市から車で1 時間あまりのとても生活しやすい町です。

 

 

市町紹介のトップへ

 

 

八幡浜市-Yawatahama City-
 

愛媛県の西部、日本一細長い佐田岬半島の基部に位置し、北は瀬戸内海、西は宇和海に面しており、リアス式海岸と段々畑のみかん山が続く、温暖で風光明媚な地域です。農業は、急傾斜地を利用した柑橘栽培が盛んで、「日の丸」「真穴」「川上」等ブランドみかんの産地です。また、古くから漁業も盛んで、四国屈指の魚市場を拠点に発展してきました。近年では、「八幡浜ちゃんぽん」や「サイクリング」を通じたまちおこしに力を入れているほか、地域交流・観光スポットとして、道の駅みなとオアシス「八幡浜みなっと」を開設し、市の新たな魅力発掘に取り組んでいます。

 

 

市町紹介のトップへ

 

 

大洲市-Ozu City-
 

愛媛県の西部に位置し、市内中央部には大洲盆地が開けています。一級河川肱川が、東部の山間地域から盆地を沿うように市内を流れ、こういった地形から霧の発生が多く、秋から冬にかけては長浜の肱川あらしや雲海がみられます。大洲市上流域では「河辺郷」を始めとする山里文化、中流域では市街地のほか「大洲城」をはじめとする水郷の情緒漂う城下町文化が栄え、また下流域は、漁港や肱川を使った物流の拠点として栄えた歴史があるなど、肱川の流域ごとに多様な文化がある地域です。

 

 

市町紹介のトップへ

 

 

西予市-Seiyo City-
 

愛媛県の南部、南予地方の中心に位置しています。県都松山市まで車で1時間。交通アクセスが飛躍的に向上し、南予の広域交流拠点としての位置付けが高まり、生活の利便性も向上しています。西は宇和海に面し、東は四国カルスト台地の山々が連なり、臨海部から山間部までの標高差1,400メートルといった変化に富んだ地形を有し、2013年に日本ジオパークに認定され、美しく豊かな自然環境と景観を誇るまちです。

 

 

市町紹介のトップへ

 

 

内子町-Uchiko Town-
 

愛媛県のほぼ中央部に位置し、県都松山市から南へ約40kmの地点にあり、「町並み、村並み、山並みが美しい 持続的に発展するまち」を町の将来像に掲げてまちづくりを推進しています。 市街地には、江戸から明治期にかけて繁栄した歴史的な町並みや、歌舞伎や文楽にも使用する木造芝居小屋「内子座」が保存されています。また、棚田百選の棚田や、木造屋根付橋や水車小屋など美しい農村風景も残っています。さらに、標高1,300m級の四国山系には、広大なブナ林を有する小田深山国有林があるなど自然環境にも恵まれた町です。

 

 

市町紹介のトップへ

 

 

伊方町-Ikata Town-
 

四国の最西端、佐田岬半島に位置します。南の宇和海側はなだらかな白砂の連なる海岸、北の瀬戸内海側はリアス式海岸を形成しており、年間平均気温16℃の温暖な海洋性気候に恵まれた郷土です。平成26年に、町出身で現在米カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授である中村修二博士が、省エネで環境に優しい青色発光ダイオードの発明によりノーベル物理学賞を受賞しました。

 

 

市町紹介のトップへ

 

 

松野町-Matsuno Town-
 

愛媛県の西南部に位置し、四国山脈西南部の鬼ヶ城山系など1,000m級の山岳に囲まれていて、高知県四万十市に接する県境の町です。 町の総面積は98.45㎢で、そのうち84%が山林原野に占められるなど急峻な地形が多く、わずかな耕地や宅地は、主に四万十川の支流である広見川、目黒川の流域に開けています。 町の南部を流れる目黒川の源流部分には、足摺宇和海国立公園に指定されている滑床渓谷があり、キャニオニングなどのリバースポーツが盛んに行われています。

 

 

市町紹介のトップへ

 

 

鬼北町-Kihoku Town-
 

愛媛県西南部に位置し、東は高知県に接しています。日本最後の清流と呼ばれる四万十川の最大支流広見川が町の中央に流れ、周囲を1,000m級の山々に囲まれた中山間地域で、農林業を基幹事業としています。成川渓谷の大自然に囲まれたシチュエーションで、清流のせせらぎをBGMに癒される「成川渓谷休養センター」、夏休み中のみオープンする「節安ふれあいの森」など、自然を体験できる施設がたくさんあります。町内にある2つの道の駅「広見森の三角ぼうし」と「日吉夢産地」にそれぞれ設置された大きな鬼のモニュメント「鬼王丸」と「柚鬼媛」は鬼北町のランドマークです。

 

 

市町紹介のトップへ

 

 

愛南町-Ainan Town-
 

愛媛県の最南端に位置し、北は四国山脈から分岐した篠山を中心に森林地帯が広がり、南は黒潮躍る太平洋、西は穏やかな豊後水道に接しています。海岸部はリアス式海岸を形成し、数々の景勝地を有する「足摺宇和海国立公園」に指定されています。温暖な気候のもと、内陸部では米作とともに多様な地形を利用して甘夏柑や愛南ゴールド等のかんきつ栽培が、海岸部では水産資源を活用した漁業及び魚類養殖が行われています。

 

 

市町紹介のトップへ

 

東温市-Toon City-
 

愛媛県中央に位置し、恵まれた自然環境と県都松山市の至近にある地理的条件から、都市近郊田園都市として発展を続けています。 山や川など自然の遊び場で、のびのびとした子育てができる環境に加え、医療体制も充実しており、老後の暮らしも安心です。 住む人、訪れる人、働く人すべてが心地よいコンパクトシティです。 また、17年連続住みよさランキング県内トップ3を維持し、人口1万人当たりの医師数全国で3位など、東温市の住み良い暮らしを象徴するランキング結果もあります。

 

 

市町紹介のトップへ

 

今治市-Imabari City-
 

愛媛県の北東部に位置し、中心市街地の位置する平野部から世界有数の多島美を誇る青い海原のある島嶼部まで、変化に富んだ地勢となっています。平成17年1月に、越智郡11か町村との全国的にも珍しい広域対等合併を成し遂げ、新「今治市」として生まれ変わりました。また、古くから海上交通の要衝として栄え、造船と海運業等の海事関連企業の一大集積地です。このような地理的条件と地域固有の産業を活かした快適で安心して暮らせる活力あふれる地域づくりを目指しています。

 

 

市町紹介のトップへ

 

 

 

トップページに戻る | プログラムページはこちら | サポートページはこちら

 

 

ご相談・お問い合わせ先

愛媛県庁経済労働部企業立地課
〒790-8570 愛媛県松山市一番町4-4-2
電話番号:089-912-2260
ファックス番号:089-912-2259
東京事務所
〒102-0093 東京都千代田区平河町二丁目6番3号 都道府県会館11階
電話番号:03-5212-9071
ファックス番号:03-5212-9072
大阪事務所
〒550-0002 大阪府大阪市西区江戸堀一丁目9番1号
電話番号:06-6441-2829
ファックス番号:06-6441-2830